ご予約・お問い合わせTEL06-6577-2227

〒552-0003 大阪府大阪市港区磯路2-1-11

在宅訪問診療可能

大阪市港区 内科 乳腺 乳がん 甲状腺

乳がん検診

最新のマンモグラフィを使用した乳がん検査

MOBILE SITE QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

乳がん検診

乳がんは、早期発見出来れば約90%が治癒出来る病気です。
がんを早い時期に発見するためには、毎月の自己検診に加えて、「マンモグラフィ」などの画像検査を取り入れた乳がん検診を定期的に受けることが大切です。

「マンモグラフィ」と「エコー」の検診方法の違い

マンモグラフィとは乳房専用のレントゲンです。
マンモグラフィは、触診では診断出来ない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した微細な乳がんの発見に効果を発揮する検査で、乳がんの早期発見に欠かすことの出来ないものです。
ただし、乳腺も腫瘍も白く投影されるため、乳腺の多い若い方は初期の悪性腫瘍は見つけにくいこともあります。
またX線ですので妊娠している方にも適しません。

一方、エコー(超音波)は、腫瘍が画像で黒い影に写るので、乳腺が多くても乳がんを発見しやすいというメリットがあります。ただし石灰化は感知出来ません。

このように、ベストな検診方法は年齢によって変わりますが、30~40代の女性にはマンモグラフィとエコーの併用が最適といえるでしょう。
40歳以降の方は、定期的にマンモグラフィを用いた乳がん検診で、より早期での発見が可能になってきています。

最新のマンモグラフィを使用した乳がん検査

乳房専用のX線撮影のことをマンモグラフィといい、乳がんを見つけるために代表的な画像診断法です。
マンモグラフィは乳がんをはじめ、乳房に出来るいろいろな変化を映し出すことが出来ます。
特に微細な石灰化(約0.1mm~0.2mmの大きさのもの)の形や数を鮮明に描出出来るのが大きな特徴です。
石灰化はしこりとして触れることの出来ない早期乳がんに出来ることがあるため、マンモグラフィでこれを見つけることで早期発見につながります。

またマンモグラフィは乳房の全体像を1枚のフィルムに映し出すので、左右を比較して観察することが出来ます。過去のフィルムと比較することが出来るので、組織の微妙な変化をとらえることも出来ます。

TOP